パラセーリングで海を眺める

○海鳥になった気分で空から海を見渡せる「パラセーリング」
美しいビーチ、透明度の高い海で泳いだり潜ったりして遊ぶのも楽しいですが、せっかくですから、たまには海を空から眺めてみませんか。
パラセーリングとは、大きなパラシュート状の帆をつけてボートなどで引っぱってもらい、上空を飛ぶアクティビティです。
まさに海鳥になった気分を味わえ、360度の視界できれいな海原を見渡せます。
青い空に青い海、遠くには水平線や緑の島々、なんとも優雅じゃありませんか。

ライフジャケットとハーネスを装着していますので、安全面では心配はいりませんし、着地は船のデッキなので、水着でなくとも濡れてよい服装であれば問題なしです。
気軽にエメラルドグリーンのサンゴ礁の海や浮かぶ緑の島々を眺める、癒しの空の散歩が体験できます。

また、パラセーリングは1~3人乗りがあります。
二人乗りのものにカップルで乗れば、エメラルドグリーンのサンゴ礁の海の上で話も盛り上がり、貴重な体験となり、距離がグッと近づくことは間違いありません。
最大200mまでロープ調節が可能なものもあり、50mの高いところも、海面すれすれも飛ぶことができます。
空と船のトランシーバー通信で楽しむこともできます。

○パラセーリングを楽しむための流れ
①パラセーリング用のボートに乗り込み、ライフジャケットを着用して、さあ出港です。
②1人ずつパラセーリング専用のハーネス(体が抜けないようにするためのものでこれをパラシュートに取り付けます)を着用して、スタッフから説明を受けます。
③ボートがポイントに到着し、ボートを風上に向けてパラシュートを広げたら、ハーネスをパラシュートに取り付けます。
④ボートのスピードが徐々に上がり風を受けながらロープが徐々に伸びて50mの上空へ舞い上がり、ブランコに乗ったような状態になります。
⑤着地はボートのウィンチでロープを巻き戻して、飛び立ったパラセーリング用ボートの後方デッキに降りますので、濡れる心配がありません。

○パラセーリングを体験するには
パラセーリングを挑戦できる場所は、国内では沖縄エリアに集中しています。
沖縄のビーチリゾートを訪れる場合は、パラセーリングは外せないアクティビティです。
最近では、那覇近郊や美ら海水族館の近くでもパラセーリングを体験できるスポットがありますので、空き時間の調整やホテルの近くで手軽にチャレンジできるようになっています。

沖縄以外では、霞ケ浦(茨城県)、浜名湖(静岡県)、淡路島(兵庫県)でも体験することができます。
パラセーリングの料金は概ね、1人あたり7,000円程度です。
なお、海外に目を向けるとハワイやグアムを始め、多くのビーチリゾートで体験が可能です。

カテゴリー