1. >
  2. >
  3. ジェットコースターに乗りたい!

ジェットコースターに乗りたい!

ジェットコースターの特徴

ジェットコースターといえば遊園地の花形で、世界中で愛されています。
といっても、各地のジェットコースターはどれも違っていて、まったく同じジェットコースターというものは存在しません。

ジェットコースターの特徴を簡単にまとめると、急勾配のレールを登り、高所から一気に滑走、そのスピードを生かして数々の起伏やカーブで組み合わされたコースを疾走する車両ということになるでしょうか。
ただ、そのレールの構造や傾斜角度、レール上に繰り広げられるカーブやターンの組み合わせ、また、車両のスピードは千差万別でジェットコースターごとにそこでしか味わえない個性があると言えるでしょう。

最近の特徴としては、技術の進歩によりかつてないほどのスピードや高さ、カーブやターン、ループなどの複雑さが進歩したことが挙げられます。
現実の生活では味わえないほどのスリルを体験できるようになりました。

ジェットコースターの魅力とは

ジェットコースターの魅力は、今もお伝えしたようにスリルを味わえるところですが、なぜ人はわざわざスリルを味わおうとするのでしょうか。
ジェットコースターに乗るとすごいスピードで傾斜や起伏のあるレールを疾走するため、内臓が浮き上がるような妙な感覚を味わいます。

その感覚は恐怖に近く、人は恐怖を感じると呼吸が浅くなり心拍数が上昇するのです。
これは原始時代から人間に備わっている反応で、筋肉が強く速く動けるように体を緊張状態にします。

交感神経が緊張すると、人は体内でアドレナリンを分泌します。
アドレナリンが分泌されると、覚醒感や幸福感が得られることが研究でわかっています。
また、エンドルフィンという神経伝達物質が脳内で分泌され、同じく強い高揚感や幸福感が得られるのです。
どうやらこういう体の反応が原因で、私たちはジェットコースターに魅力を感じるのでしょう。

おすすめのジェットコースター

日本国内でいちばんのおすすめジェットコースターといえば、富士急ハイランドの「ええじゃないか」を挙げます。
座席が前後左右に予測不能な勢いで回転することと、89度というほぼ直角の斜面から65メートルもの落差を猛スピードで落下するのが特徴です。
どんなジェットコースターにも負けない恐怖とスリルが味わえるでしょう。

ナガシマスパーランドの「スチールドラゴン2000」もおすすめです。
こちらは最高地点、最大落差、最高速度、それにコースの全長とあらゆる面で世界トップクラスのスペックで、スピードとスリルを突き詰めています。
観覧車よりも高い97メートルもの高さから一気に落下する体験はここでしか味わえないでしょう。

最後に、都会のど真ん中、東京ドームシティアトラクションズにある「サンダードルフィン」もおすすめに挙げておきます。
都会のビル群を縫うように疾走する体験は抜群の迫力です。